キャンパスライフ
キャンパスライフ
2021年1月29日
卒業研究
キャンパスライフ

1月19日10時過ぎ、本学教務学生課へ2年生がレポートを提出に来ました。それが受理されると、それまでの緊張感が解け、ホッとした表情で戻って行きました。この日から三日間が「卒業研究」の提出日となっています。

 

卒業研究は、卒業論文・卒業制作を行う研究活動であり、本学では「専門ゼミ」という科目に位置づけられています。

 


主として各学科で学んできたことや専門分野に関する様々な情報から自分の興味・関心のある課題を設定し、それについて約1年間掛けて主体的に研究を進めていきます。そして時には担当の先生が指導を行ったり、中間または提出後に発表の場を設け、同じゼミの学生が互いにアドバイスをしたりして学びを深めていきます。


次に各学科の学生のテーマを一部紹介します。

人間生活学科では…
「児童・生徒が求める養護教諭像について」
「自粛生活が及ぼす心身の変化」
「食事や生活習慣が肌に与える影響」
「いじめに対する適切な対応とは」
「子ども食堂のメニューを考える」

幼児教育保育学科では…
「子どものごっこ遊びについて」
「幼児が楽しめる劇づくりについての考察」
「子どもの運動能力低下の現状と対策」
「児童虐待の気付きと保育士ができること」
「育児不安を抱える母親への支援に関する研究」

きっとこの中にも皆さんが興味をもつテーマがありそうですね。これまでの研究の要約(研究の本文を簡略にまとめたもの)は、短大図書館の書架に製本して保管されています。興味ある方は、ぜひ閲覧にお越しください。



こうして卒業研究が無事に提出でき、同時に後期の授業も終了。そして就職先も決まり…2年生にとっては、この2年間をやり終えた充実感とこれから始まる新しい一歩への期待感が高まり、今が一番輝いている時かも知れません。

高校生向け特設サイトTOPに戻る