2019年3月26日
兵庫県立人と自然の博物館と連携協定を締結

短大では、3月26日に兵庫県立人と自然の博物館(以下「ひとはく」)と連携協定を結びました。
 短大ではこれまでも「地域社会入門」の授業で、ひとはくのスタッフが講義を行ったり、ひとはくスタッフが運営する有馬富士自然学習センターでの子ども向け自然体験イベントで学生がボランティア活動をするなど交流を重ねてきました。
 ひとはくでの締結式では中瀬勲館長からは「一緒に子どもの自然学習力を育てていきたい」、末本学長からは「地域の役に立つ教育につなげたい」などのコメントがなされました。

 今後は今回の協定締結を契機として、学生がひとはくのイベント運営にボランティアスタッフとして関わるなど、更に連携を深めていきます。