第3回九州北部豪雨による被災地ボランティア出発

平成29年7月に発生した九州北部豪雨に対して、被災地の子どもたちの笑顔を取り戻そうとボランティアに出発したのが昨年の8月、福岡県朝倉市を拠点に活動を展開。まだ日常を取り戻していない朝倉市のあの子どもたちに会いに行こうと平成30年3月に第2回の学生ボランティア出発。平成30年の7月豪雨ではいろいろな地域に被害が発生しそちらも検討しましたが、みんなの視線がそちらに向いている時だからこそ、まだ完全に立ち直っていない朝倉市へ、絆を深めてきた朝倉市へ3回目の学生ボランディアへ向かうこととしました。幼児教育保育学科 野﨑教授 田邉准教授と8名の学生が8月7日夕刻六甲アイランドフェリー乗り場からさんふらわぁ号で出発しました。

 

 

 

8月7日~8月12日 福岡県朝倉市の学童保育補助の活動を行います