取得できる資格
ホーム > 基本情報一覧 > 取得できる資格
養護教諭二種免許

[養護教諭コース]

養護教諭[保健室の先生]になるための教員免許です。
卒業生は、全国各地の学校園で養護教諭として活躍しています。
養護教諭一種免許

[健康教育専攻]

専攻科(2年間)に進学することで取得が可能です。
日本教育カウンセリング協会が認定している資格です。
心理面で手助けできる人です。医者のように「治してあげよう」というような立場でカウンセリングするのではなく、コミュニケーションを通して一緒に心の荷物を背負って行ける人に与えられる資格です。養護教諭をめざす方にはぜひ取得して欲しい資格です。取得には認定試験に合格する必要があります。
養護教諭の免許を取得した学生は全員が取得します。 各種行政機関で保護・援助が必要な人に相談・指導・援助を行う資格です。
医療秘書の上級資格を医療管理秘書士をとし、医療秘書の初級資格が医療秘書士となります。この資格を取得したものは、医事課における受付業務、一般事務、統計、料金の徴収、医療事務等の業務処理を行います。
医療教育協会が認定している資格です。
病院組織における管理者、病院長、診療各科医局長などが本来の業務に専念できるように援助し、秘書業務を行う上級事務職員資格です。 取得には、認定試験に合格する必要があります。
診療実務士1~3級

[医療秘書事務コンピュータコース]

医療教育協会が認定している資格です。
医療保険制度についての専門知識を身につけ、診療報酬請求(レセプト)業務を行うための資格です。取得には医療管理秘書士能力認定試験の受験が必要になります。
病歴記録管理士(初級)

[医療秘書事務コンピュータコース]

各医療機関において病歴(カルテ・診療録)を管理する専門の知識と技術を持つものとして、日本病院管理教育協会が認定している資格です。取得には医療管理秘書士の資格取得が必要となり、認定試験に合格する必要があります。
日本病院管理教育協会が認定している資格です。
診療報酬の算定化・受付、会計業務の担当・カルテの管理などの医療事務を担います。取得には、認定試験に合格する必要があります。
上級秘書士(メディカル秘書)

[医療秘書事務コンピュータコース]

全国大学実務教育協会が認定している資格です。
秘書としての上級資格であるだけでなく、メディカル秘書とはどういった業務なのかを理解するとともに、受付・会計業務、カルテ・レセプトなど医療 文書作成、患者・メディカルスタッフとのコミュニケーションのしかたなどを習得し、メディカル秘書として医療現場で活躍できる人材を目指すものになります。
つしま医療福祉研究財団が認定している資格です。
介護保険制度が開始して以来、介護の現場できわめて煩雑な保険請求や給付管理などの事務に追われている事業者が多い問題を解決するために、介護給付費請求事務のエキスパートである介護保険事務士への期待が高まっています。
取得には、認定試験に合格する必要があります。
全国大学実務教育協会が認定している資格です。
システムアドミニストレーターと同等のレベルの資格といえます。特に、この学校で取得する情報処理士は、ただコンピューターを扱えるというだけではなく、正しく情報を得、正しく情報を提供するとはどういうことなのかをきちんと考えられる専門家として位置づけています。
社会人として必須のスキルとなっているMicrosoft Officeを活用するための実践力を身につけ、就職活動時などに事務職として即戦力であることを客観的に証明します。湊川短大は試験会場に認定されてお り、受験料も割安となります。Word2013、Excel2013、Powerpoint2013の3科目の受験が可能(Microsoftは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。)
レセプトコンピューター
講座修了証書

[医療秘書事務コンピュータコース]

現在、医療現場における情報化が急がれており、医療事務にとってコンピュータの存在はますます重要になってきています。特に、診療報酬明細書(レセプト)業務はコンピュータを使った電子請求があたりまえになっており、そのためのスキルを身につけることが医療事務職に就くために重要な要件に なってきています。湊川短期大学では、病院に導入されているのと同様の日医標準レセプトソフト「ORCA」を使った演習を行うことで、医療現場で 必要な実践力を養っています。
レセプト点検実務士

[医療秘書事務コンピュータコース]

診療報酬請求においてレセプトに誤記・計算間違い・記入漏れ・算定漏れ・保険の誤りが無いかというところに焦点を当てミスを的確に見抜く力を養います。医療事務のスペシャリストとしてスキルアップを目指していきます。
食育インストラクター

[食育健康コース]

日本食育インストラクター教会が認定する資格で、"食育"を基礎から学び、日々の生活に活かし、広く推進・社会で活躍できる"食育"の指導者の証となる資格です。
フードコーディネーター

[食育健康コース]

フードコーディネート協会が認定している資格です。雑誌やテレビ等のメディアで料理をスタイリングする仕事だけでなく、フードビジネスを生産から販売まで(商品開発、店舗開発、店舗プロデュースなど)トータルコーディネートする食の専門家です。取得には認定試験に合格する必要があります。
家庭料理技能検定

[食育健康コース]

学校法人香川栄養学園の事業として行われている検定試験です。2006年から文部科学省後援の資格となっています。ホームヘルパーや食品会社の開発、各施設の栄養士等の就職活動において、調理技術の客観的証明として高い評価を得ています。 取得には認定試験に合格する必要があります。
食生活アドバイザー検定

[食育健康コース]

一般社団法人FLAネットワーク協会が行う民間の検定試験です。広い視野に立って食生活をトータルにとらえ、健康な生活を送るための提案ができる「食生活全般のスペシャリスト」であることを示す資格です。取得には認定試験に合格する必要があります。
介護福祉士

[介護福祉士コース]

国家資格です。高齢、疾病、障害などが原因で日常生活が困難な人に対して、排泄・入浴・食事などの介護を通じて自立を支援することを業務とします。
レクリエーション・
インストラクター

[介護福祉士コース]
[幼児教育保育学科]

財団法人日本レクリエーション協会が認定している資格です。 さまざまな遊びのメニューと技術を持ち、地域、施設でレクリエーションを楽しく行うための援助業務を行います。
幼稚園教諭二種免許

[幼児教育保育学科]

幼稚園で教諭として子どもたちを保育するためには、幼稚園教諭免許状が必要となります。教育・保育のプロとして、全国の幼稚園が活躍の場となります。
幼稚園教諭一種免許

[幼児教育専攻]

専攻科(2年間)に進学することで取得が可能です。
保育士資格

[幼児教育保育学科]

国家資格です。以前は保母といわれていましたが、男女共通の名称として保育士と呼ばれるようになりました。保育のプロとして、保育所を中心に、児童養護施設、知的障害児施設や乳児院等の児童福祉施設など、幅広い活躍の場があります。
幼稚園・保育園のための
リトミック指導資格2級

[幼児教育保育学科]

子どもは音楽に合わせて体を動かすことが大好きです。幼稚園や保育所でリトミックの指導ができる資格です。リトミックの指導方法を学ぶための「リトミック」の授業を選択し、授業内に行われる2級資格認定試験に合格することで資格取得となります。
認定ベビーシッター

[幼児教育保育学科]

全国保育サービス協会が認定している資格です。この資格はベビーシッターの独自の専門性を学ぶ資格です。保育士資格に必要な単位を取得し、さらにベビーシッターに必要な教養を得るために「在宅保育」の単位の取得が必要となります。
カウンセリング実務士資格

[健康教育専攻] [幼児教育専攻]

専攻科(2年間)に進学することで取得が可能です。