一期一会

先日、しなくてはいけないことや、しておいた方がよいことを放り出して、1泊2日でツーリングに出かけました。 目的地の一つ目は角島。テレビっ子だった私は、未だにテレビから色々な影響を受けています。そんなテレビで、一度は行ってみて見たい景色として紹介されていたのが角島でした。

 

img575_koramu_ozaki11_1

 

ベストシーズンを過ぎていたのか、あまり観光客は見られませんでした。それなりに人も、車もバイクもいたのですが、他の観光地と違って日本語しか聞こえて来なかったのが新鮮でした。幸いなことに雨も降らず、気持ちの良い景色を満喫し、お腹を満たしました。 その後は萩に移動し、萩城址を散策し、焼き物屋に立ち寄って色々と眺めていると気になるカップが目に留まりました。青色と渦を巻いている感じに惹かれ、思わず買ってしまいました。一つしか置いていないって言うのが、にくいですね~。

 

img576_koramu_ozaki11_2

 

その日の宿は「ゲストハウス」と呼ばれる宿で、食事は外食若しくは自分たちで買ってきて、又は調理して取る形式なので、とりあえず食べに出て、気持ちよくお酒を飲み、宿に戻りました。そこからです。宿ではオーナーと宿泊客の男性が食事をしながら話をしていて、自然とそこに一緒に座り込み話が始まりました。しばらくすると皆さん次々に帰ってこられ、最終的には男性4名、女性2名で飲んだり食べたりしながら、話をしていました。集った方々は様々で、素性も名前も知ろうとしないし、誰もその人の背景を気にしない空間で、地域の様々な話であったり、別の旅行先の体験を話したりと、ホテルではなかなか体験することのできない空間が生まれていました.

 

私自身は、あまり初対面の人たちと打ち解けて話をすることが得意ではないのですが、ゆるやかな雰囲気で、楽しい時間を過ごすことができました(途中からは眠気に負けて寝てしまいましたが…)。ちなみに高速道路を走っていると、SAごとで同じバイク乗りに出会います。さっきのSAでも隣でしたよね、みたいな。その方とこれからの行き先やバイクの褒めあいのような出会いもあります。年配のハーレー乗りの方からはよく声をかけていただきますが、私がハーレーを褒めることはあっても、私のバイクを褒められることはまず無いのが寂しくはありますが、それも仕方が無いので出会った人との会話を楽しみに、またどこかに出かけたいなと思っています。皆さんも出会いを大切に。

 

img578_koramu_ozaki11_3