新入生オリエンテーション合宿

湊川短期大学入学生は4月6・7日丹波少年自然の家でオリエンテーション合宿をしました。入学生全員参加、素晴らしいです。合宿先では、見事な樹齢の桜の木が出迎えてくれました。桜の花は終わっていましたが、萌え出る葉桜でした。残念ながら雨の中で到着しましたので、広々とした庭を散策とはいきませんでした。


 宿舎に入ると早速班ごとに部屋での活動、各室2段ベッドがずらり、シーツを受け取り、合宿開始です。食事は食堂で、元気な調理担当のおばさんの声掛けで、スムーズに班ごとに食卓を囲みました。おばさんの声掛けも心のごちそうで、学生たちは「はい!」と素晴らしく元気な返事をしていましたよ。
 1日目の夜はプレイホールで、人間生活学科生活福祉専攻の馬込教員のリードのもとにワークセッションを体験しました。グループワークは「クレージーな連想」、「私たちこんなこと頑張ります」、そして、参加者全員で、勝ってつながる・負けてつながるじゃんけんゲーム、最後は笑いヨガ、迫力がありました。


 2日目は朝食後、オリエンテーリングに出発です。雨が上がり、マイナスイオンたっぷりの森林は少し寒かったですが、グループで協力してポイントを探しです。おしゃべりを楽しんでゆったり回るグループ、走ってどんどんスタンプを集めるグループ、「あそこにポイントがある」とグループごとの情報交換もしてましたね。トップのグループに景品が有るので、みんな一生懸命でした。景品の1個は、1等賞のグループから、前夜のワークセッションで頑張った馬込教員へプレゼントされました。拍手!


 オリエンテーション合宿のアンケートには、実施前「行きたくない」という意見から、実施後「行って良かった」「参加したい」という意見に変わった学生が多かったです。理由は、「色々な人と話ができた」、「学科専攻を超えて話ができた」、「友達ができた」です。
湊川短期大学生としてのスタート時点での合宿での出会いは、大学構内でのにぎやかな学生たちの会話に繋がっているようです。