大学概要
ホーム > 大学概要(校祖)
校祖

幸田たま

幸田たまは明治21年12月12日、兵庫県美嚢郡吉川町湯谷で父・松尾作太郎、母・松尾ふじの十人兄弟の長女として誕生しました。
中吉川尋常小学校四年課程を卒業し、隣村奥谷部落の「清原つち」の和裁塾に学びました。意思強固で精緻な技芸をもちながらも、人間的で包容力に富んだ「清原つち」の人柄に接し、ここで人生観や人間観を養い、すぐれたパーソナリティを形成していきました。
妙齢にして兵庫県教員検定に合格し、多紀郡味間小学校(篠山市)有馬郡三輪小学校(三田市)に裁縫教師として奉職し、教育実践の技術と学校経営について研鑽を積んでいきます。
そして早い時期から日本一の貿易港・神戸への関心を抱いていた校祖は、30歳の時に神戸へと出発していったのです。


まことの近代女性の育成


こうして誕生した裁縫女塾では、幸田たまが目指した教育目標のひとつであるまことの近代女性の育成を基に、最も進歩的であった神戸にふさわしい教育内容が展開されていきました。
たとえば、技術教科では邦文・英文タイプライターの修得や、知育教育では英語・文学・世界史・経済学・社会思想史などが講義できる教員を多く集めたこと、徳育では不撓不屈の精神を校祖自身が実践的に教育し、体育では近代女性としての体位向上を目指して運動クラブを盛んにしていきました。
こうして幸田たま教育は、広範囲に伝達されていき、神戸市内はもちろんのこと兵庫県全域から子女が集まってきたのです。



知性を磨き才知に長ける女性こそが、真に賢き女性。


校祖は急激に増大する学園の経営にあたり、国家レベルで鼓吹されてきた良妻賢母論とはニュアンスを異にする賢母良妻論を主張しました。すなわち知性を磨き才知に長ける女性こそが、真に賢き女性であるという主張です。
「女は(社会的に)弱きものにして最も強き力を持つ」という言葉からもわかるように、知性に裏うちされた実践力こそが幸田たまの真髄であり女子教育観であったのです。

学園の底流にあるものは、何といっても校祖・幸田たまが目指した「まことの近代女性の育成」です。
校祖が生涯をかけて実践していったこの精神こそ、90周年を迎えた現在の学園が継承していかなければならない「まこと」の精神であると確信しています。

もし、幸田たま校祖が今において学園を開設するとしたならば、女性にとって就職機会が限られていた頃とは異なり、男女共学の下で湊川精神の実現を意図したでしょう。 短期大学が新たな半世紀を踏み出すにあたって、本学を共学化し、校名を湊川短期大学と改め、一層の発展、活性化を期しています。