大学概要
建学の精神・教育目標
建学の精神

本学の教育は、校祖 幸田たま女史の何事にもくじけぬ不屈の湊川精神と、誠をもって貫き通す強い意志の力とを基本とする。平和を尊び、高い徳性と、健全な身体を備え、新時代に即応できる知性や技術を身につけた、有為な社会人を育成する。

学園の教育目標

創意創造の精神
 日々に新たに又日に新たなりの意欲のもと、科学心を啓培し
誠実不壊の信念
 和敬協調、自律自修の信念をもって、挙措清楚に意志凛然と
全人的人格形成
 高邁なる英知、豊かな情操を涵養して、心身を錬磨し、清く正しく強い、時代に適応できる有為な社会人を育成したい

 
湊川短期大学の教育指針

湊川短期大学は、学生一人一人に向き合う丁寧な教育と指導を通して、自立心と向上心に富み幅広い教養と専門的技能をあわせもった、ケアの精神と地域への関心を基本的資質とする、平和で持続的な社会の発展に資する有為な人材を育成する。

 
湊川短期大学の教育目標

教育指針に基づいて、湊川短期大学は各学科・専攻での教育・指導を通じて、次の基本的資質・能力の形成を目指す。

  • 自分の目的に向けて前向きに努力することができる
  • 人権意識をもち、人の痛みを知り、人に心を寄せることができる
  • 人と協調して仕事(課題解決)に取り組むことができる
  • 地域の課題を自分のこととして受け止めることができる
  • 先を見通して必要な手順を組み立てることができる
  • 積極的に自分の考えを表現することができる
  • 自分の生涯のキャリア形成に関心をもっている

人間生活学科

教育目標

湊川短期大学の教育目標に掲げる基本的資質・能力の形成を基に、医療・福祉・教育の知識・技能を修得し、それらを社会で実際に活かすことができるような人材を育てる。さらに、医療・福祉・教育の観点から地域社会の課題を見つけ、自ら課題解決に取り組むことができるよう努力できる姿勢を育てる。

 

ディプロマポリシー 学位授与の方針

学則に規定する卒業要件を満たし、以下の資質・能力を身につけた学生に、短期大学士(人間生活学・介護福祉学)の学位を授与する。

  • 学科の教育課程を修了して得た専門的知識・技術を、実践的場面で活かすことができる
  • 人権尊重の意識をもち、自己の資質能力を磨き、自分の目的に向かって前向きに努力することができる
  • 人とコミュニケーションをとり、協調して活動することができる
  • 地域社会の課題を自分のことと受け止め、課題解決に向けて努力することができる

カリキュラムポリシー 教育課程編成・実施の方針

短大の教育指針、教育目標、人間生活学科の教育目標、同ディプロマポリシーに示す人材を育成するため、以下の方針で人間生活学科のカリキュラムを編成する。

  • 幅広い教養、大学での自主的な学びへの理解、人と協調できる社会性、および、自己のキャリア形成に対する意識を育てるため、教養教育科目を設置する
  • 各専攻の専門性に応じて専門科目および学外実習を設置する
  • 地域社会に貢献することができるよう、コミュニケーション、協調性、課題発見、課題解決への取組などの能力を育成する、地域創造関連科目を設置する

アドミッションポリシー 求める学生像

建学の精神と短期大学の教育指針、教育目標に共感し、以下の条件を満たす人物を人間生活学科の学生として受け入れる。

  • 自ら学び、考えようとする意識をもち、大学での専門的な学修への意欲をもつ
  • 医療・福祉・教育について学修した知識・技術を、地域社会で活かそうとする意欲をもつ
  • 医療・福祉・教育関係の仕事に就くという目標をもち、目標達成のためにくじけず学ぼうとする意志をもつ
  • 人々の生活に関心をもち、より豊かな生活を実現するために自分に何ができるかについて、探究する意欲をもつ
  • 学科での学修に必要な基礎的な学力を備えている

学修成果

以下の知識・技術・能力・態度を学修成果とする。

  • 社会性をもち、他者と協調することができる
  • 医療、福祉、教育の職に求められる基礎的な知識や技術をもっている
  • さまざまな年齢の人に対して、相手を尊重して接しようとする態度を有する
  • 支援を必要とする人に必要な援助方法を見つけ、行動しようとする姿勢をもつ
  • よりよい援助を行うために、自らを高め努力しようとする姿勢をもつ
  • 地域を支える社会人としての使命感と責任感を有する
  • 地域活動に進んで参加しようとする意志を有する
  • 自分のこれからの人生に対する前向きな態度を有する
人間健康専攻

教育目標

生活者の権利を尊重する精神を基盤に、生活科学の視点から心と身体の健康に関する知識と技術を修得することにより、広い視野に立ちながら協調して地域の生活者の健康管理に寄与することができる人材を育成する。あわせて自らの人生を見通し、自己実現に向けて努力する意欲を育てる。

 

ディプロマポリシー 学位授与の方針

学則に規定する卒業要件を満たし、以下の資質・能力を身につけた学生に、短期大学士(人間生活学)の学位を授与する。

  • 心身の健康に関する専門的な知識や技術・技能を修得する
  • 人の健康に携わる使命と責任を自覚し、学んだ専門的知識・技術を実践場面で活かすことができる
  • 人と協調して課題解決できる能力を身につける
  • 地域社会の課題を自分のことと受け止め、健康問題を主とした課題の解決に取り組むことができる

カリキュラムポリシー 教育課程編成・実施の方針

短大の教育指針、教育目標、人間生活学科の教育目標、同ディプロマポリシーおよび本専攻の教育目標、同ディプロマポリシーに示す人材を育成するため、以下の方針で人間健康専攻のカリキュラムを編成する。

  • 幅広い教養、大学での自主的な学びへの理解、人と協調できる社会性、および、自己のキャリア形成に対する意識を育てるため、教養教育科目を設置する
  • 人の健康に関する専門的知識および技術を身につけることができる、専門科目を設置する
  • 学内での学びを地域の健康教育活動の実践に結びつけ、専門職としての使命感と責任感を養い、これからの課題を発見する場として学外実習を位置づける
  • 地域社会に貢献することができる知識および技術を身につけることができるよう、地域創造関連科目を設置する
  • 学修の評価にあたっては、修得した知識・技能だけではなく、人と協調し前向きに努力する姿勢も考慮に入れる

アドミッションポリシー 求める学生像

建学の精神と短期大学の教育指針、教育目標に共感し、以下の条件を満たす人物を人間健康専攻の学生として受け入れる。

  • 自ら学び、考えようとする意識をもち、大学での専門的な学修への意欲をもつ
  • 人の健康に関する課題に関心をもち、地域や社会に貢献しようとする意志をもつ
  • 自らの目標に向けて、計画的・前向きにものごとに取り組むことができる
  • 専攻での学修に必要な基礎的な学力を備えている

学修成果

以下の知識・技術・能力・態度を学修成果とする。

  • 仲間や集団と協調することができる
  • 医療、教育の職に求められる基礎的な知識や技能を修得し、それを実地に活かすことができる 
  • 人権意識をもち、人と協調して課題解決に当たることができる
  • 支援を必要とする人に必要な援助方法を見つけ、行動しようとする態度を有する
  • 自分のこれからの人生に対する計画的で前向きな態度を有する
  • 地域を支える社会人としての使命感と責任感を有する
生活福祉専攻

教育目標

自らも生活者であるという視点から人々の生活を理解し、必要な支援をすることができるよう、福祉、介護についての知識や技術を修得し、チームケアを実践することができる人材を育成する。あわせて他者への支援を通して自らの人生を見通し、自己実現に向けて努力する意欲を育てる。

 

ディプロマポリシー 学位授与の方針

学則に規定する卒業要件を満たし、以下の資質・能力を身につけた学生に、短期大学士(介護福祉学)の学位を授与する。

  • 福祉、介護に関する専門的な知識や技術・技能を修得する
  • 福祉、介護に携わる使命と責任を自覚し、学んだ専門的知識・技術を実践場面で活かすことができる
  • 互いにかけがえのない存在であるという人間観をもち、よりよい生活を追求することができる
  • 人間の生活を科学的に考察することによって、課題解決のためのよりよい支援方法を見出すことができる
  • エビデンスを基に、協同して地域での人々の生活を向上させることができる

カリキュラムポリシー 教育課程編成・実施の方針

短期大学の教育指針、教育目標、人間生活学科の教育目標、同ディプロマポリシーおよび本専攻の教育目標、同ディプロマポリシーに示す人材を育成するため、以下の方針で生活福祉専攻のカリキュラムを編成する。

  • 幅広い教養、大学での自主的な学びへの理解、人と協調できる社会性、および、自己のキャリア形成に対する意識を育てるため、教養教育科目を設置する
  • エビデンスに基づいた支援に必要な知識・技術を修得するために、専門科目を設置する
  • 全人的人間観をもち、他者と協同しながら対象者の自立支援を行うことができるよう学外実習を設置する
  • 地域社会に貢献することができる知識および技術を身につけることができるよう、地域創造関連科目を設置する
  • 学修の評価にあたっては、修得した知識・技能だけではなく、人と協調し前向きに努力する姿勢も考慮に入れる

アドミッションポリシー 求める学生像

建学の精神と短期大学の教育指針、教育目標に共感し、以下の条件を満たす人物を生活福祉専攻の学生として受け入れる。

  • 福祉について興味関心があり、専門的な知識と技術を身につけることに意欲をもつ
  • 自らを社会で活かそうという意欲をもつ
  • 自己を高める努力をしようとする
  • 積極的に他者と交流し、共に学ぼうとする意欲をもつ
  • 専攻での学修に必要な基礎的な学力を備えている

学修成果

以下の知識・技術・能力・態度を学修成果とする。

  • 人間の尊厳を理解している
  • 生活についての自らの考えをもっている
  • 対人援助に関するエビデンスを理解することができる
  • 社会のなかでの自分の役割を理解することができる
  • 協同して課題を解決しようとすることができる
  • 学び続けることの必要性を理解している
  • 自らの人生について目標をもっている
幼児教育保育学科

教育目標

仲間と協同して地域の幼児教育・保育を支えることのできる、社会性と実践力および使命感と責任感を備えた有為な人材を育成する。あわせて、子どもに寄り添いその成長に向き合っていく態度、よりよい幼児教育・保育のために努力できる姿勢、自分の人生を前向きに考えていく気持ちを育てる。

 

ディプロマポリシー 学位授与の方針

学則に規定する卒業要件を満たし、以下の資質・能力を身につけた学生に、短期大学士(幼児教育保育学)の学位を授与する。

  • 幼児教育・保育に関する専門的な知識や技術・技能を修得する
  • 幼児教育・保育に携わる使命感と責任感を有し、仲間と協同して地域の幼児教育・保育を支えることができる
  • 一人一人の子どもの成長・発達に向き合うことができる
  • よりよい幼児教育・保育の実現のために努力することができる
  • 自分のこれからの人生の展望を前向きに探求することができる

カリキュラムポリシー 教育課程編成・実施の方針

短期大学の教育指針、教育目標、幼児教育保育学科の教育目標、同ディプロマポリシーに示す人材を育成するため、以下の方針で幼児教育保育学科のカリキュラムを編成する。

  • 幅広い教養、大学での自主的な学びへの理解、人と協調できる社会性、および、自己のキャリア形成に対する意識を育てるため、教養教育科目を設置する
  • 幼児教育・保育の職に求められる専門的な知識や能力を身に付けるため、専門科目を設置する
  • 学内での学びを幼児教育・保育の実践に結びつけ、専門職としての使命感と責任感を養い、これからの課題を発見する場として学外実習を位置づける
  • 地域社会に貢献することができる知識および技術を身につけることができるよう、地域創造関連科目を設置する
  • 学修の評価にあたっては、修得した知識・技能だけではなく、人と協調し前向きに努力する姿勢も考慮に入れる

アドミッションポリシー 求める学生像

建学の精神と短期大学の教育指針、教育目標に共感し、以下の条件を満たす人物を幼児教育保育学科の学生として受け入れる。

  • 心豊かであたたかな感性をもち、仲間とのつながりを大切にすることができる
  • 幼児教育・保育の職に就きたいという目標をもち、その目標を達成するためにくじけることなく学ぼうとする意志をもつ
  • 子どもにかかわることが好きで、子どもの可能性を信じることができる
  • 学科での学修に必要な基礎的な学力を備えている

学修成果

以下の知識・技術・能力・態度を学修成果とする。

  • 地域の幼児教育・保育に携わる使命感と責任感を有する
  • 仲間と協同しながら、修得した知識・技術を活かした社会貢献ができる
  • 子どもの成長・発達に向き合うことができる
  • よりよい幼児教育・保育のために努力することができる
  • 自らの人生について目標を持ち、目標の実現に向けて努力することができる