大学概要
ホーム > 大学概要(沿革・100周年に向けて)
沿革・100周年に向けて
大正 8年 2月 校祖 幸田たまが、神戸市西部湊川のほとり(神戸市兵庫区石井町)に
裁縫女塾を開設。
  9年   正門湊川裁縫女塾となり、塾舎を兵庫区大同町に移転。
  10年 3月 湊川裁縫女学佼と改称し、幸田たまは校長に就任。幸田たまの教育愛と熱意ある指導によって生徒数が次第に増加。
全景
  11年   神戸市灘区福住通に湊川高等女子職業高校として新校舎を建設・移転する運びとなったが、台風のため上棟式直前に倒壊。

昭和 3年   再度建築の後、文部省から甲種実業女学校の認可を受け湊川高等女子職業高校と改称、幸田豊三が校長に就任。
  5年   湊川高等実業女学校と校名を改め、その後校舎を増築、拡張。校舎全景
  7年 5月 実業教育50周年記念館講堂(昭和9年)幸田豊三校長が病没、翌8年2月に幸田たまが再び校長に就任。
  13年   阪神大水害被災により教員2名生徒8名が殉難、学舎を移転。水害の爪痕
  15年 4月 昭和13年7月の水禍の後、神戸市灘区王子町にある旧関西学院教育研究所に仮住まいすること約1年半、神戸市灘区高尾通に新校舎を建築移転。
    5月 落成式を数日後に控えた5月31日、火災により新校舎の大半を焼失。再度苦難の末、校舎建築がなされた。火災後の新校舎
  17年 3月 財団法人湊川学園湊川高等女学校への昇格認可により、湊川高等女学校と改称。
  20年 6月 戦禍をのがれることはできず、爆撃により校舎を焼失。
  23年 7月 湊川家政学園設置認可。
  27年 3月 湊川家政短期大学設置認可。
  29年 2月 湊川家政高等学校設置認可。初代校長に幸田たま就任。
  31年 8月 学校法人湊川相野学園は三田市四ツ辻の新校舎に移転。学園発展の礎石を築く。
  32年 1月 校祖 幸田たま逝去。

校祖 幸田たま
  33年   特別教室湊川家政短期大学および湊川家政高等学校は、それぞれ湊川女子短期大学、湊川女子高等学校と改称。
  38年 5月 本館相野校舎第一期工事落成により、湊川女子短期大学は四ツ辻校舎から現在の相野校舎へ移転。
  40年   大学は保育科増設の認可を受け、家政科・保育料の2科に分かれる。
  41年   保母養成所(現在:保育士養成)として、指定を受ける。さらに、湊川女子短期大学附属西舞子幼稚園及び相野幼稚園設置の認可を受ける。
  44年   50m公認プール完成幸田たま記念館竣工湊川女子短期大学保育料を幼児教育科に名称変更。
家政科に養護教諭二種免許の養成課程設置。
  45年 3月 神陵台幼稚園神陵台幼稚園を開園。
  46年   児童教育学科設置認可、家政科を家政学科に名称変更。
  47年   衣料管理士養成課程を設置。
  55年   創立60周年記念館竣工栄養士養成課程を設置。
  57年 3月 北摂第一幼稚園北摂第一幼稚園を開園。
  62年   北摂中央幼稚園2学科(家政学科、児童教育学科)、 4専攻(生活科学専攻、食物栄養専攻、幼児教育専攻、初等教育専攻)、9コースに改組し認可される。
北摂中央幼稚園を開園。

平成 元年 4月 インドネシア国立ウダヤナ総合大学との国際学術共同研究協定が結ばれる。
    7月 三田市民大学(公開講座)を開設。第一体育館 新築落成
  5年 3月 北摂学園幼稚園北摂学園幼稚園を開園。
  12年 4月 家政学科に生活福祉専攻介護福祉士養成課程を開設。
  13年   児童を幼児、家政を人間生活と学科名を改称し、人間生活学科には人間健康専攻、生活福祉専攻を設置。
    12月 キッズポート保育園学校法人としては全国初の短大附属キッズポート保育園を開園。
  14年 5月 短大創立50周年記念式挙行。
    11月 短大付属北摂第一幼稚園創立20周年・北摂学園幼稚園創立10周年記念式挙行。
  15年 4月 校名を湊川短期大学に変更、男女共学化に移行。
  16年 4月 三田松聖高等学校高校の名称を三田松聖高等学校に変更、男女共学化に移行。
幼児教育保育学科に専攻科(学位授与機構認定)幼児教育専攻、開設。
  19年 4月 人間生活学科に専攻科(学位授与機構認定)健康教育専攻開設。
  21年   湊川相野学園創立90周年を迎える。
  23年 4月 北摂第一幼稚園が幼稚園型認定こども園に移行。
  25年 4月 「三田市地域子育て支援センター」を北摂学園幼稚園から短大に移設し「みなとっちひろば」として開設。
  27年 1月 短大にラーニング・コモンズを開設。
    4月 短大附属西舞子幼稚園、神陵台幼稚園、北摂中央幼稚園、北摂学園幼稚園が幼稚園型認定こども園に移行 。
大正8年 2月
校祖 幸田たまが、神戸市西部湊川のほとり(神戸市兵庫区石井町)に裁縫女塾を開設。
大正9年
湊川裁縫女塾となり、塾舎を兵庫区大同町に移転。
正門
大正10年 3月
湊川裁縫女学佼と改称し、幸田たまは校長に就任。幸田たまの教育愛と熱意ある指導によって生徒数が次第に増加。
全景
大正11年
神戸市灘区福住通に湊川高等女子職業高校として新校舎を建設・移転する運びとなったが、台風のため上棟式直前に倒壊。

昭和3年
再度建築の後、文部省から甲種実業女学校の認可を受け湊川高等女子職業高校と改称、幸田豊三が校長に就任。
昭和5年
湊川高等実業女学校と校名を改め、その後校舎を増築、拡張。校舎全景
昭和7年 5月
幸田豊三校長が病没、翌8年2月に幸田たまが再び校長に就任。実業教育50周年記念館講堂(昭和9年)
昭和13年
阪神大水害被災により教員2名生徒8名が殉難、学舎を移転。水害の爪痕
昭和15年 4月
昭和13年7月の水禍の後、神戸市灘区王子町にある旧関西学院教育研究所に仮住まいすること約1年半、神戸市灘区高尾通に新校舎を建築移転。
昭和15年 5月
落成式を数日後に控えた5月31日、火災により新校舎の大半を焼失。再度苦難の末、校舎建築がなされた。火災後の新校舎
昭和17年 3月
財団法人湊川学園湊川高等女学校への昇格認可により、湊川高等女学校と改称。
昭和20年 6月
戦禍をのがれることはできず、爆撃により校舎を焼失。
昭和23年 7月
湊川家政学園設置認可。
昭和27年 3月
湊川家政短期大学設置認可。
昭和29年 2月
湊川家政高等学校設置認可。初代校長に幸田たま就任。
昭和31年 8月
学校法人湊川相野学園は三田市四ツ辻の新校舎に移転。学園発展の礎石を築く。
昭和32年 1月
校祖 幸田たま逝去。

校祖 幸田たま
昭和33年
湊川家政短期大学および湊川家政高等学校は、それぞれ湊川女子短期大学、湊川女子高等学校と改称。
特別教室
昭和38年 5月
相野校舎第一期工事落成により、湊川女子短期大学は四ツ辻校舎から現在の相野校舎へ移転。
本館
昭和40年
大学は保育科増設の認可を受け、家政科・保育料の2科に分かれる。
昭和41年
保母養成所(現在:保育士養成)として、指定を受ける。さらに、湊川女子短期大学附属西舞子幼稚園及び相野幼稚園設置の認可を受ける。
西舞子幼稚園
昭和44年
湊川女子短期大学保育料を幼児教育科に名称変更。
家政科に養護教諭二種免許の養成課程設置。
50m公認プール完成幸田たま記念館竣工
昭和45年 3月
神陵台幼稚園を開園。
神陵台幼稚園
昭和46年
児童教育学科設置認可、家政科を家政学科に名称変更。
昭和47年
衣料管理士養成課程を設置。
昭和55年
栄養士養成課程を設置。
創立60周年記念館竣工
昭和57年 3月
北摂第一幼稚園を開園。
北摂第一幼稚園
昭和62年
2学科(家政学科、児童教育学科)、 4専攻(生活科学専攻、食物栄養専攻、幼児教育専攻、初等教育専攻)、9コースに改組し認可される。
北摂中央幼稚園を開園。北摂中央幼稚園

平成元年 4月
インドネシア国立ウダヤナ総合大学との国際学術共同研究協定が結ばれる。
平成元年 7月
三田市民大学(公開講座)を開設。
第一体育館 新築落成
平成5年 3月
北摂学園幼稚園を開園。
北摂学園幼稚園
平成12年 4月
家政学科に生活福祉専攻介護福祉士養成課程を開設。
平成13年
児童を幼児、家政を人間生活と学科名を改称し、人間生活学科には人間健康専攻、生活福祉専攻を設置。
平成13年 12月
学校法人としては全国初の短大附属キッズポート保育園を開園。
キッズポート保育園
平成14年 5月
短大創立50周年記念式挙行。
平成14年 11月
短大付属北摂第一幼稚園創立20周年・北摂学園幼稚園創立10周年記念式挙行。
平成15年 4月
校名を湊川短期大学に変更、男女共学化に移行。
平成16年 4月
高校の名称を三田松聖高等学校に変更、男女共学化に移行。
幼児教育保育学科に専攻科(学位授与機構認定)幼児教育専攻、開設。三田松聖高等学校
平成19年 4月
人間生活学科に専攻科(学位授与機構認定)健康教育専攻開設。
平成21年
湊川相野学園創立90周年を迎える。
平成23年 4月
北摂第一幼稚園が幼稚園型認定こども園に移行。
平成25年 4月
「三田市地域子育て支援センター」を北摂学園幼稚園から短大に移設し「みなとっちひろば」として開設。
平成27年 1月
短大にラーニング・コモンズを開設。
平成27年 4月
短大附属西舞子幼稚園、神陵台幼稚園、北摂中央幼稚園、北摂学園幼稚園が幼稚園型認定こども園に移行。