附属園の先生と語る会

先日、湊川短期大学の附属園の先生と語る会を開催しました。
附属園からは、就職してまだ1、2年の新人の先生、中堅の先生、園長先生の6人を迎え、これから保育所実習を控えている2年生と実習のことや保育者になってからのことなどリラックスしたムードで話し合いました。  学生は、現場の先生から日常の保育の様子を聞くことができ熱心にノートをとっていました。

 

 

 

 

また、附属園の先生のなかには、湊川短期大学で学んだ方がたくさんいます。
新人の先生からは、「講義で学んだ内容が、働きだして生かされているよ。」「学生時代にピアノの練習をもっとしておけば良かった。」といった話が語られ、 昨年までは、話しを聞く学生だった先生が、今では保育者として、学生にしっかりとアドバイスをする側になっていました。
教員としては、卒業した学生が立派な保育者になっている姿に、ほっこりと感動した会となりました。