上田先生の模擬授業「保育者のための正しい姿勢と歩き方」

みなさん、夏休みはいかがお過ごしでしょうか?まだまだ暑さの残る中、8月25日(日)のオープンキャンパスに足を運んでいただきありがとうございました。幼児教育保育学科の模擬授業は上田先生の「保育者のための正しい姿勢と歩き方」でした。

 

正しい姿勢の作り方について学んだ後は、ちょっと体をほぐして実践レッスンです。

 

まずは先生のお手本(きれいですね)

 

鏡をみながら練習

 

みなさんだんだんと姿勢が良くなり、ウォーキングの姿も美しくなっていきました。子どもたちはもちろん、保護者と接する機会も多い保育者にとって、好印象を与える雰囲気やマナーはとても大切です。さらに、正しい姿勢を保ち、身体の筋肉を正しく使うことは、ダイエット効果もあるとか…?!今回の模擬授業で学んだ姿勢や歩き方、ぜひおうちでも意識して続けてみてくださいね。

 

また、本館2階ラーニングコモンズでは、授業や実習の様子が分かる展示物があります。学生が授業で制作した世界に1つしかない手作りの絵本や、卒業研究として行ったミュージカルの衣装や大道具などです。リアリティはもちろん、演者が演技をしやすいような工夫が必要です。頭にかぶる衣装は、重さやかぶったときの安定感を持たせながら痛くないような配慮など様々な観点から素材を選び、演者に合わせて試行錯誤しながら作られています。今回の展示はミュージカル「ライオン・キング」のものでした。

 

年内のオープンキャンパスはあと1回!9月8日(日)に開催します。ぜひ来てくださいね!